心臓の主治医の先生

このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日は前のブログの続きになります。

我が家の長女(小5)は先天性心疾患(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 CCAM)を持って生まれてきました。病院は定期的に家から比較的近いS大学病院の喘息外来と、隣りの県にある同じ大学のY病院の心臓外来に通院しています。先日は同じ日の午前と午後でそれぞれ受診してきました。

午前中に受診したS大学病院の喘息の先生から思いがけないニュースを知らされました。今までY病院にいらっしゃった小児循環器の先生方が長女の主治医の先生を除いてみんなS大学病院に移動されたと言うのです。

午後、今後のことが気になりながら心臓の主治医の先生の外来へ一家で行ってきました。まずはいつもの血液検査と心電図の検査を受けて、その結果が出てから診察室で超音波検査を受けました。検査の結果は特に問題なく、調子が良さそうだということで安心しました。

喘息の先生から聞いてきたY病院の小児循環器機能が移転されたというお話も主治医の先生からありました。今後は手術などの予定のない患者さんは今まで通りY病院で受診できるということですが、手術が必要な患者さんにはS大学病院かよその病院を紹介しているんだそうです。

長女の場合は今後もカテーテル検査や手術がいずれ必要になることが予測されますが、今現在は落ち着いていてカテーテルも手術も予定はありません。どちらを受診しても問題ないとのことなので、今後も命の恩人である主治医の先生に診てもらうことで主人とも意見が一致しました。次回は春休みに受診予定です。

いつも気さくで話しやすく明るくて優しい先生ですが、この日は小児循環器の移転のお話をされる時に少し元気がないように感じました。病院からは夏頃までに移転できればということで相談があったそうですが、時期が早まって新年からになったんだそうで、先生には思う所が色々とあって「行かない。」と決めたそうです。

長女が生まれる前、初めて先生に出会った日、この子が何とか助かる方法はないものかとカンファレンスを続けてきたと話してくれました。先生がいなかったら長女は助かっていなかったと思います。生まれた日の夕方から手術が始まり約5時間後の夜10時をまわった頃、先生が帽子を被ったままの姿で「終わりました!」と回復室(私は帝王切開後でした。)へ急いで報告しにきてくれた姿は今でも目に焼きついています。その後あの手この手で長女の調子を上向きにステップアップさせてきてくださいました。

きっとうちの子だけでなく沢山のお子さんの命を救って来られたでしょうし、これからも沢山の命を救うことができる先生なので、今回のことで先生のご活躍の場が減ってしまうとしたら…とても辛いです。そして今回のことで泣く泣く先生とお別れした患者さんもいらっしゃるのかなぁ…と想像すると、それもまた辛いです。でも先生を必要としている患者さんはS大学病院にもいるので、いずれ来てくださると嬉しいです。

複雑な気持ちで過ごしながら、昨日は家の近所の診療所へ子供達のインフルエンザワクチンを打ってもらいに行ってきました。偶然そこの先生もS大学病院出身でかつては勤務もされていて、長女のことはいつも気にかけてくださっています。先生はさすが情報が早く、今回の小児循環器の移転の件をご存知でした。

診療所の先生は我が家がしばらく現状維持でいくことを「それは良かった!」と賛成してくれました。移転してすぐは現場が混乱しているので、急いで受診先を変える必要はないでしょう、とのことでした。それを聞いて安心しました。長女は頼れる先生があっちこっちにいてくださり本当にラッキーです。

今年も先生方に支えられながら元気に過ごせると良いなぁと思います。明日からは小学校もいよいよ新学期スタートです!長女も次女(小2)も冬休みの宿題がまだ終わってませ~ん!!冬休みの間、遊んで歌ってばかりいた三姉妹です。。。

今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2017年7月6日 臨月、そして出産:重症仮死で生まれて 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日は臨月から出産までの様子を書いていきます。 臨月になり、主人を苦しめていたモンスターイメージを覆してくれた主治医からの紹介で、今現在も長女が通院する大学病院へ転院しました。 産婦人科の先生と小児科の先生(現在も長女の主治医) […]
  • 2018年7月10日 退院して自宅で安静。長女の悩み。 いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)が入院していた間、西日本では大雨の被害が相次いでいました。私の実家のある愛媛県でも大きな被害があり、テレビを見ながら心配が尽きませんでした。暑さも雨も続くようですが、これ以上被害が拡大しないこと […]
  • 2017年7月4日 信頼できる主治医との出会い 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日はハイリスク妊婦だった妊娠生活を前向きなものにしてくれた主治医の先生とのエピーソードを振り返っていきます。 信頼できなくなった主治医から新たに交代してもらった主治医の先生からは精神面で大きな影響を受けました。その主治医の先生から聞 […]
  • 2017年7月3日 再びの胎児診断:両大血管右室起始症(DORV)と判明 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。 今日はお腹の赤ちゃんの二つ目の病気が見つかった頃のことを振り返ってみます。 妊娠8ヶ月になり羊水過多で入院した途端に、私の体そのものは少しずつ楽になっていきました。妊娠7ヶ月の入院時に打ってもらったステロイドの効果が現れてきた […]
  • 2018年8月17日 低酸素血症の進行と心不全症状の悪化 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)の心臓外来へ行ってきました。今日はドキッとするタイトルですが、診察結果を文字にするとこうなるのだそうです。長女の状態は先月に比べると、長く続いていた咳がすっかり治まり、喘息の症状も […]
  • 2018年8月16日 学校へ提出する証明書(診断書)を主治医に依頼 このブログへご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日は長女(小6)の心臓外来があります。いつもは2~3ヶ月に一度のペースで通院していますが、前回の外来の時期は痰が絡んだような咳が長く続いていて体調がスッキリしていなかったので、念のため1か […]
  • 2018年5月25日 運動会、直前になってドクターストップ! このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。明日はいよいよ長女(小6)と次女(小2)が通う小学校の運動会です。GW中に体調を崩して入院し、病み上がりだった長女も先週から運動会の練習に励んできましたが、運動会二日前になって主治医から運動会 […]

One Reply to “心臓の主治医の先生”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください