姉が病院へ行くのが羨ましいと泣く妹

このブログにご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先週は三学期が始まったばかりだというのに、次女(小1)➡長女(小5)➡次女の順に二人が連続で小学校を欠席しました。長女のお腹の風邪については前のブログの通りです。

元々は次女から始まった軽い胃腸炎でしたが、長女が小学校を休んで病院へ行くと決まった時、次女が大号泣して「ズルい!ズルい!」と大騒ぎしました。

三女(年中)がビックリして「なんで泣いてるの!?」と聞いても答えず、「ウエーン、ウエーン」泣き続けます。長女が「アンタだって一日休んだでしょ?なんでズルいのよ?」と聞いても泣き続けます。

私も「学校に行きたくないの?」と聞くと、「違う!!」と怒りながら泣き続けます。少しからかって「お姉ちゃんのことが心配で泣いてくれてるの?」と聞くと、「そんなわけない!!」と怒って泣きます。しばらく泣いた後、最後に「怒らないから思ってることを言ってごらん。」と聞いてみました。

するとやっと答えました。「ママと二人っきりで病院へ行くのはズルい!!私が病院へ行った時なんて二人きりじゃなかった!!いっつも、いっつも、ズルい!!」と本音を教えてくれました。

次女は休んだ日が悪かったかもしれません。三女がまだ冬休みだったので病院へ一緒に連れて行くしかありませんでした。長女が休んだ日は三女の幼稚園が始まる日だったので、病院へは連れて行く必要がないだけなのです。でもそれが次女には不公平に見えるようです。そして更に恨み節が始まりました。

「病院だけじゃない!Tちゃん(長女)は毎朝ママに連れて行ってもらってて、毎日二人っきりの時間があるじゃん!私なんて全然ママと二人きりになれない!いっつも我慢してるんだよ!病院くらいママと二人で行きたかったのにヒドイ!!Tちゃんはズルい!」だそうです。

次女の気持ちはとってもわかります。確かに普段から私と二人きりになれるチャンスが一番少ないのが三姉妹の真ん中、次女です。冬休みの間は特にずっと三姉妹が一緒でしたから特にそう思うのでしょうか。

きっと妄想も膨らんでいるのでしょう。現実はママと二人っきりになれたからってハッピーというわけでもないことを教えてあげました。「大学病院の外来はいつも混んでてず~っと待たされて退屈だよ。待合室では遊べないよ。朝だって良いことないよ。Tちゃんがグズグズするばかりだから毎回ママが腹を立てて自転車をこぎながら豊田真由子元衆議院議員みたいに怒ってるだけだよ。二人きりでガミガミ言われたら嫌でしょう?」と話してみました。

「それ本当?」と次女が長女に確認すると、「本当本当!!全然楽しくないよ!」と即答します。それも何だか悲しいけど!?

いつの間にか次女は泣き止み、最終的には納得して、ちゃんと小学校へ姉の連絡帳を届けて持って帰ってきてくれました。長女とは本当に外来で長時間待って何も楽しいことはありませんでしたよ。

それから翌日、土曜日の登校日に次女がまた朝一から腹痛で、少し胃液まで戻して小学校を欠席しました。次女は昔から胃が弱いのです。。。この日は三女がパパと留守番できたので、次女は念願のママと二人っきりで病院へ行けました。

大学病院ではなく、すぐ近くの診療所で時間もかからず薬もすぐにもらえました。二人っきりだからと言って特別なことは何もなく、次女の症状も大したことはなかったです。

年明けから度々診療所で診てもらっていますが、先生からは「新学期も始まったばかりだし、体調も不安定かな?生れつき胃が弱いってことはないと思うけど、ストレスもあるかな?そういうものにお腹は影響されやすいからね。ゆっくり休むように。」と優しい言葉をもらいました。

週末ゆっくり過ごしたらやっと体も心も落ち着いて、月曜からは元気に学校へ行っています。

そしてようやく三姉妹が落ち着いてきたかと思ったら…、今週は三女が次女と同じように「二人っきりが良いのに~‼」ばかり言ってすぐに泣くようになりました。。。三女は次女を見て育ってるんですね~。二人とも、ややこしや~。今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2018年1月21日 インフルエンザは突然に… このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。タイトル通り、インフルエンザがついに我が家へ上陸してしまいました💧 昨日の朝、この日は学生時代の友人宅へ他の友人と行く予定で私がいそいそと準備をしていたところ、起きてきた三女(年中)の体 […]
  • 2018年1月19日 高山の上を歩いているようなもの このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。一昨日は子ども達3人の英語教室がある魔の水曜日でした。過去のブログにも書きましたが、それぞれ順番に少しの時間差でレッスンが始まったり終わったりするので、毎週毎週、疲労困憊する魔の水曜日です。し […]
  • 2017年12月26日 待って待って大騒動のクリスマスプレゼント☆ このブログへご訪問いただきありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。昨日はクリスマスでした!長女(小5)と次女(小1)は終業式の日でもありました。 朝、子ども達の枕元には私からのちょっとしたクリスマスプレゼントを置いていたのですが、「ありがとう!」と言う […]
  • 2017年7月6日 臨月、そして出産:重症仮死で生まれて 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日は臨月から出産までの様子を書いていきます。 臨月になり、主人を苦しめていたモンスターイメージを覆してくれた主治医からの紹介で、今現在も長女が通院する大学病院へ転院しました。 産婦人科の先生と小児科の先生(現在も長女の主治医) […]
  • 2017年7月12日 低酸素血症:血中の酸素飽和度80%の娘の歩くのゆっくり問題 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女は心臓病と肺疾患による障害があります。両大血管右室起始症(DORV)という先天性心疾患で心臓の構造が普通の人と違うため、酸素を含んだきれいな血液と体中を巡って汚くなった血液が常に血中で混ざっています。また肺は先天性嚢胞状腺腫様肺奇形(C […]
  • 2019年12月5日 低酸素血症と涙の理由 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。このところ寒い日が続きます。長女(中1)が中学生になってから、教育委員会との約束で、毎日送迎バスに乗り込む前に必ず血中の酸素飽和度を測っています。夏から秋にかけては悪くない数字でしたが、寒くな […]
  • 2018年12月21日 ピンチはチャンス!かもしれないPart1;心も風邪をひく いつも応援いただきありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)は現在、成長に伴って低酸素血症が進行しています。夏から学校へは酸素ボンベを携帯し、私の付き添いつきで短時間のみ登校を続けてきましたが、二週間ほど前から急に三階にある自分のクラスの教室へ行 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください