前は厳しかった先生が今は理解者に。

このブログをご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日、長女(小6)の小学校で保護者会がありました。毎年、担任の先生が変わる毎に保護者会後に少し長女のことをお話して、いつも4月の終わりか5月の頭に予定されている電車移動で行く全校遠足の付き添いについてどうするかを伺っています。行先は上野動物園と子どもの国を一年おきに行っています。今年は遠足の他にも先生にご相談したいことがあり、保護者会後に伺ってみました。

今年の担任の先生は2年生、3年生の時も担任を受け持ってもらい、面談の度に出来ない出来ないのオンパレードでした。そのため私としてはちょっと身構えてしまうような苦手な先生でした。

ところが、久しぶりにまた担任の先生として再会してみますと、全く別人のような理解者になってくださっていて、連れてきていた三女(年長)に対してもとても優しく接してくださり、ビックリしたのと同時に安心しました。先生は昨年は隣りのクラスの担任として、また学年主任として長女と関わってきてくださっているので、長女の病気のこと、それによる障害のこと、出来ないなりに少しは成長したことなど、見てくれていたのだなと有り難く感じました。

保護者会でおっしゃられていましたが、初めてこの学年の担任になった時には、みんなまだおチビちゃん達で、先生がいないと何もできないじゃん!という状態でご自分のお子さんの世話を後回しにするくらいだったそうです。確かその時は産休明けでよその小学校から赴任されてきたばかりでした。それが今はみんなが成長して、一日くらい先生がいなくても大丈夫かと思えるようになったから、自分の子どもの入学式に出席できたとおっしゃられていました。先生も人間ですもんね。様々な状況により余裕がある時とない時と、そりゃありますよね。先生もあの時は必死だったんだと気がつきました。

まず遠足の付き添いについて伺いました。長女は先天性の心臓病(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 CCAM)があり、血中の酸素飽和度が、健康な人がほぼ100%のところ長女は安静時で80%前後しかありません。歩いたり走ったりすると下がり、体調を崩して入院するほど悪化してしまうと60%台にまで下がります。主治医からは健康な人が平地をあるいているところ、長女だけが高山の上を歩いたり走ったりしているようなものだと言われています。酸素は筋肉の発達にも必要不可欠なものなので、酸素量の少ない長女は筋力が弱く、歩くスピードも出ません。

遠足ではこの歩くスピードが問題になってきます。1年生の時には、みんなが校庭で校長先生の話を聞いている時間に出発して駅でみんなが来るのを待って合流し、あとは長女の近くを歩き、本来1年生は6年生が手を繋いで移動しますが、長女のスピードが落ちたら私が手を繋いで引っ張るようにして何とか集団についていくという感じでした。

学年が上がる度に少しずつ私と手を繋ぐ場面が減り、ついに昨年は同行して後ろについては行きましたが、私と手を繋ぐ場面は一度もなく遠足へ参加できました。昨年の様子もよくご存知なようです。そして先生は出来れば長女に自信をつけさせてあげたいと考えてくれていて、少なくとも目的地へ着くまでの過程では付き添いはいらないと考えてくれているそうです。

しかし今年の行先は坂道も多く、班によってはものすごく歩く距離が長くなってしまったり、また4年生の時には帰りに疲れ果てて、小学校の最寄り駅のホームまで帰ってきたところで、ふとした瞬間に私も先生も長女の姿を見失い大慌てしたということがありました。結局、最後列にボーっと立っていて、小さいので埋もれてしまってわからなくなっていたのです。本人は疲れ果てて声掛けに全く気がつかなかった様子でした。その時にこの子は帰り道こそ近くにいないといけないんだなと気がついたのでした。そのことを先生に伝えると、そういうこともあるのかぁ。確かに埋もれちゃいますよね。。。とのこと。

また先生は、うちの長女の運動レベルが体調によっても左右されるということに気がついてくれていました。ちょっとした鼻水でも長女は元々のレベルが低いので影響されやすいのです。そこで、まず遠足については先生から長女の希望や自信がどの程度あるのかを確認してくださることになりました。

そして先生に次に伺ったのは修学旅行についてです。6年生は日光に二泊三日で行きます。長くなりますので、続きはまた次のブログに綴ります。

かつては出来ない出来ないと言われて、苦手だぁ~!!と思っていた先生が、長女のことをこんなにも理解してくれていたなんて、先生のことを悪く決めつけてはいけないものですね。反省しました。長女も「なんか先生優しくなってた。」とメガネをなくすくらい緊張していたのが、少しずつほぐれてきたようです。最高学年も学校で良い経験を積み重ねていけそうだと安心しました。今日も読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

  • 2017年7月11日 心臓病と肺疾患のある娘が水泳の授業に参加していた頃の話 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。心臓病仲間のお友達(小学1年生)のママから学校の水泳の授業に関する質問がありました。 先生と水泳の授業に関する打ち合わせをしたか?付き添いはしているか?何か気を付けることはあるか?についてです。 長女は水泳の授業を1、2年生の時 […]
  • 2018年12月31日 親子は以心伝心 このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。あっという間に年の瀬ですね。 今年は、春は長女(小6)の体調不良が続き、それまでは就寝時のみつけていた酸素を夏からは外出時もつけるようになり、試練のような一年になりました。 成長 […]
  • 2018年12月22日 ピンチはチャンス!かもしれないPart2;担任の先生が変わった いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母imoanです。長女(小6)が小学校で3階にある自分のクラスの教室へ行けなくなって約2週間が経ちました。今日は前のブログの続きを綴ります。 月曜日は3~4時間目の図工から出席しました。図工室は1階にあり、図工の先生 […]
  • 2018年12月21日 ピンチはチャンス!かもしれないPart1;心も風邪をひく いつも応援いただきありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)は現在、成長に伴って低酸素血症が進行しています。夏から学校へは酸素ボンベを携帯し、私の付き添いつきで短時間のみ登校を続けてきましたが、二週間ほど前から急に三階にある自分のクラスの教室へ行 […]
  • 2018年12月1日 酸素をつけた娘が小学校の階段を克服するために。 いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)は今年の夏から小学校で酸素を携帯するようになりました。酸素の会社が貸し出してくれている酸素ボンベ専用キャリーは外見も素敵で、コロコロ転がせて重たい思いをしなくて済むのが非常に便利です。↓ […]
  • 2018年10月31日 カテーテル検査が終わり、次のステップへ向けて いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。 先週、長女(小6)の心臓カテーテル検査が終わりました。検査室へ入ってから出てくるまでに4時間かかりましたが、特にトラブルもなく無事に終了しました。 元々のサチュレーション(血中の酸素飽和度)が […]
  • 2018年9月26日 担任が怖い!!のつづきのつづき;副校長先生の機転と担任の先生のねらい いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。二つ前のブログ(先生が怖い!!)の続きの続き、先週金曜日の出来事を綴ります。(担任の先生が怖いシリーズ最終回です。) 午後からの授業に出席するためお昼休みに学校へ向かいました。5時間目は体育で […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください