修学旅行はどうしたものか

このブログをご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先週、保護者会後に担任の先生に確認したことが三つあります。一つは少し前のブログに書きました通り、遠足の付き添いについてでした。二つ目は7月に予定されている6年生の修学旅行についてです。

昨年度、5年生時の宿泊学習では、「何かあったら迎えに行きます!」と言って、本当にその通りになってしまったという事実があります。普段の学校であれば休むほどではない程度の鼻水と咳をしていましたが、その状態で階段を昇ったり、ちょっとしたハイキングへ行ったりした際に、血中の酸素飽和度が60%台にまで下がって歩くのも辛くなったという場面があったそうです。

長女は先天性の心臓病(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 CCAM)があり、安静時で80%程度しかありません。健康な人はほぼ100%です。60%台という数字は長女の場合でも入院時のレベルなので、同行してくださっていた看護師さんに現地の病院へ連れて行ってもらいました。休むと酸素飽和度も普段通りに戻ったということでしたが、現地のお医者さんんと診断では翌日も休んだ方が良いとのことで、夜中にパパの運転する車で迎えに行きました。

往復5時間のロングドライブについて、うちのパパは当時笑い話として職場で語ったそうですが、本当はとてもとても大変でした。そのため、今年もそれと同じことになるくらいなら最初から行かなくて良い!というのが我が家の方針になってしまいました。

ちなみに修学旅行の行先は日光です。日光東照宮などを見て回るのだと思いますが、階段の昇り降りは長女にとってやはりとてもキツイ運動になります。下に妹が二人いるので宿泊先の近くで待機というのは現実的ではないのですが、たとえ付き添いで参加するとしても修学旅行の行程そのものが長女の体には負担が大きいんじゃないだろうか。。。もし本人がどうしても納得しなければ、家族で修学旅行の予行演習をしてみて本人に判断させてみようかとも思っています。

そのようなことを担任の先生に話してみました。先生も5年生の時の宿泊学習で面倒なことになったことをご存知なので、きっと「そうですか~。わかりました。」と言われるかな?と勝手に想像していました。ところがところが「ええ~!そんな~!!お母さん、私たちはTちゃんを連れて行きたいと考えてるんですよ~!!」と思いがけないことを言ってもらいました。

長女は普段、疲労回復を促すために夜の就寝時のみ酸素吸入をしています、昼間は酸素をつけていません。長女の場合は残念ながら今の状態を改善する手術の見込みがなく、今後血中の酸素飽和度は下がっていくことが予想されているため、今から酸素をつけてしまうともう一生つけなくてはならなくなります。生活の質を考えて、酸素がなくても大丈夫なうちはつけないでいこうというのが主治医の考えで、私達もそれに同意しています。

5年生時の宿泊学習の時は体調も良くなかったというのもありますが、先生方からのお話ではみんなが登山へ行っている間に、長女を含む待機の3人が退屈していたから軽くハイキングに行き、その特にどうも長女の酸素濃度が下がってしまったそうなのです。休憩したらまた元気になったそうですが、階段ではキツくて酸素濃度を測った看護師さんが慌てておんぶしてくれたほどだったそうです。その時の様子を本人に聞くと「歩きたいと思うのに足が前に出なくて、そういえば私は心臓病だったんだってわかった。」と言っていました。

そのこともお話しすると、先生は「そういうことかぁ。あの時エレベーターを使えば良かったんですね~!!気がつかなくてすみませんでした。そういうことであれば、今年の日光の下見にI先生(昨年度は長女の担任)が行くので、エレベーターなどがあるかどうかも確認してきてもらいます!行程も決まり次第お渡ししますので、決めるのはもう少し後にしませんか?」と言ってくださいました。

それはもう本当にありがたいと思いました。行けないと決めるのは簡単なのですが、何とか参加できないかと検討してくださる先生には本当に感謝しています。長女も本当は行きたいんだろうなと思います。先生方のお気持ちと長女の気持ちも大事にしながら、もう少し時間をかけて修学旅行について考えていきたいと思います。

長女のように、何度も担任や学年主任として関わってきてもらっている先生に担任を受け持ってもらった場合は、既に病気のことをよく理解していただけていて本当に助かります。しかしもし初めて受け持ってもらう先生に急いでお子さんの病気や特性について知ってもらいたい場合、おススメしたいアイテムが一つあります。

スマイルブックです。これは長女が2年生の時にたまたま小児慢性疾患医療証の更新のために訪れた窓口で、何となく病気、障害のある娘のことを軽く相談した時にいただいた書き込み式のお子さまの病気や特性の説明書みたいなものになります。誰でもダウンロードして使えます。先生へお子様のことを伝える際のツールとしても便利だと思いますので、ご興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。今日も読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

  • 2018年6月21日 修学旅行は行かないけれど、前向きな長女にあっぱれ。 このブログへご訪問くださりありがとうございました。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。大阪北部の地震で辛い思いや苦しい思い、不便な思いをされている方が沢山いらっしゃると思いますが、一日も早くいつも通りの日常が戻ってきますようお祈りしています。 長女(小6)の小学校では来 […]
  • 2019年12月5日 低酸素血症と涙の理由 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。このところ寒い日が続きます。長女(中1)が中学生になってから、教育委員会との約束で、毎日送迎バスに乗り込む前に必ず血中の酸素飽和度を測っています。夏から秋にかけては悪くない数字でしたが、寒くな […]
  • 2018年12月31日 親子は以心伝心 このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。あっという間に年の瀬ですね。 今年は、春は長女(小6)の体調不良が続き、それまでは就寝時のみつけていた酸素を夏からは外出時もつけるようになり、試練のような一年になりました。 成長 […]
  • 2018年12月22日 ピンチはチャンス!かもしれないPart2;担任の先生が変わった いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母imoanです。長女(小6)が小学校で3階にある自分のクラスの教室へ行けなくなって約2週間が経ちました。今日は前のブログの続きを綴ります。 月曜日は3~4時間目の図工から出席しました。図工室は1階にあり、図工の先生 […]
  • 2018年12月21日 ピンチはチャンス!かもしれないPart1;心も風邪をひく いつも応援いただきありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)は現在、成長に伴って低酸素血症が進行しています。夏から学校へは酸素ボンベを携帯し、私の付き添いつきで短時間のみ登校を続けてきましたが、二週間ほど前から急に三階にある自分のクラスの教室へ行 […]
  • 2018年12月1日 酸素をつけた娘が小学校の階段を克服するために。 いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)は今年の夏から小学校で酸素を携帯するようになりました。酸素の会社が貸し出してくれている酸素ボンベ専用キャリーは外見も素敵で、コロコロ転がせて重たい思いをしなくて済むのが非常に便利です。↓ […]
  • 2018年10月31日 カテーテル検査が終わり、次のステップへ向けて いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。 先週、長女(小6)の心臓カテーテル検査が終わりました。検査室へ入ってから出てくるまでに4時間かかりましたが、特にトラブルもなく無事に終了しました。 元々のサチュレーション(血中の酸素飽和度)が […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください