繰り上がりのある足し算の裏技

手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日、次女(小1)が繰り上がりのある足し算のプリントを持って帰りました。“繰り上がりのある足し算”と言えば、長女(小5)が算数で最初につまづいた高い高い壁でした。

どれどれ?どんな風に解くの?教えて教えて~!と、次女にお願いすると喜んで解説してくれました。

「例えば 7+5 だったらね、

最初に大きい方の数字で10を作るんだよ。7に3を足したら10ができるでしょ?だから7の下に3を書いて、丸書いて10って書くの。

5から3を引いたら5-3=2でしょ?だから5の下に2を書くの。

10と2を合わせたら10+2=12で答えは12になるわけ!!

ドヤ!!😃(オレンジ色の部分は次女が書き込んだものになります。)

お見事~!!横から覗いていた長女と一緒にパチパチしました。さくらんぼ計算と呼ばれているものと考え方は同じようですが、説明の仕方や書き込み方が長女が習った時とは全く違いました。

長女が一年生の時は、この繰り上がりのある足し算を理解させるのが難しくて難しくて全然マスター出来ず、長い間ある裏技を使って繰り上がりのある足し算を計算しています。しかし次女が教わってきた方法がとても解りやすかったので、長女と一緒に解いてみました。

長女の場合は過去に手術や治療の後遺症だと思われるのですが、脳の視覚に関する部分にダメージを受けた痕があることがわかっています。そのため、書き込み方を次のように変えてみました。

必要な情報を最小限にして最終的にいらなくなった数字を斜線で消しました。書き方の違いですが、長女にとってはこれならピンと来てくれました。しかし普段から使う裏技の方が簡単だと言い、これからもそっちの方法を続けるそうです。

その裏技とは、紆余曲折を経て自己流にひらめいた”ものさし”を使った方法です。

例えば先程の7+5の場合、7の目盛りから5つ進むと12。答えは12。と言った具合です。

これは子供たちとすごろくをしたり、宿題に出た目盛りを読む問題を解かせたりしていくうちにふとひらめきました。小学5年生の算数でも掛け算や分数の計算などで繰り上がりのある足し算はしょっちゅう必要になります。二桁以上の計算は二年生で習った筆算で計算しますが、一桁同士の繰り上がりのある足し算が登場すると筆箱の中のものさしが活躍します。

これに行き着くまでは大変でした。ネットやテレビ、ドリル問題集を参考にしてあの手この手を使って解かせましたが、どれも当時の長女にはピンと来てくれませんでした。仕方がないので一年生の間はひたすらおはじきを使って数を数えさせました。自宅では”100玉そろばん”という10ずつの玉が10列並んだ道具も使わせました。

二年生からおはじきが教室から消えるとノートやプリントの余白に丸を書かせて数を数えさせました。二年生時の担任にはその方法はダメだと言われましたが、他に良い方法を教えてくれたわけではありませんでした。三年生になり少人数クラスで算数を教えてくれた先生は〇を書いて数えて良いと言ってくれました。ものさしを使った計算方法をひらめいたのはその後だったのでしょうね。4年生の時は個別指導をしてくれていた先生からナイスアイデアだと褒められました。

長女が一年生の時にシルバー人材センターに紹介してもらって半年ほどお世話になった数学博士のおじいさん先生の言うことには、算数は暗記ではなくて具体的に数えて数の概念を身につけさせていくことが大事なんだそうです。今になって思えば長女が一年生だった頃は数字を見て読むことは出来ても、数を具体的に頭の中に思い描くことが全く出来ていなかったのかもしれません。

ものさしで数える方法を使うようになってからは時間もかからず確実に解けるので自信を持って計算に挑めるようになりました。また何度もこれを繰り返していくうちに頭の中に数のイメージが浮かぶようになったのか、最近ではパッと計算出来るようにもなりました。不安な時は手の指もものさしも使って計算していますが、それで安心して解けるならそれで良いかと思っています。

もし、どうしてもどうしても、色々試してみても、繰り上がりのある足し算がピンと来ない場合には、長女のように数を数えたり、すごろくで遊んでみたり、ものさしを使って試してみてはいかがでしょうか。ものさしも目盛りが見やすいものとそうでないものがあるので、よく見て選ぶようにしてくださいね。

小学校の算数は一年の間に次から次へと単元が進んでいきますが、翌年にまた同じようなものがワンランクアップして登場します。その時に復習も出来ますし、冬休みや夏休みも宿題を通して復習するチャンスです。子供の学習が学校のスピードに合わせられないと「もうダメだぁ~」なんて焦りがちですが、つまづいたらランクを下げてまたやり直せば良いのです。長女の場合、宿題であまりにも理解が乏しく時間がかかる時は前の年のドリルを解かせて宿題として学校へ持参させています。前の年はあんなに難しかったのに一年後にやってみたらピンと来た!ということがよくあって、それがヒントにも自信にもなります。諦めないで少しずつ少しずつです。

と言いながら、実際は長女に算数を教えながら豊田真由子元議員さながらに「ちっがっうっだっろーーーー!この!ハゲじゃなくてタコーーーー!!!」なんて豹変する時もあります。大抵そういう時は私の教え方が娘に合っていないのですけど、なかなかこちらもさっさと効率よく教えたいと思うと上手くいきません。教える側も勉強しないといけませんね。

今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2017年7月28日 算数補習教室:高学年だけど中学年クラスに参加しました。 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。子供達の夏休みが始まって一週間が過ぎました。長女(小5)は3年生から小学校の合唱団に所属していて毎年夏の前半はNHK合唱コンクールの予選に向けて猛練習です。同時に希望者を対象にした算数補習教室にも参加しています。クラスは2年生、3・4年生、 […]
  • 2017年8月14日 普通級か特別支援級か迷ったら読んで欲しい長女の場合4:担任の先生との面談 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小5)は心臓病と肺疾患による障害があり、ボーダーラインとかグレーゾーンと言われる発達の遅れがあります。小学校は就学相談を経て地域の公立小学校の普通級へ通っています。 入学前の就学相談については前にもブログで書きましたが、情緒やコ […]
  • 2018年11月23日 小児循環器外来と就学相談 いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)と次女(小2)の学芸会が終わってほっと一息ついたところで、今週はカテーテル後の外来と、中学校を会場にした就学相談の二回目の面談がありました。 まずは体のことですが、ようやく今後の予定が立ち […]
  • 2018年3月17日 せっかち母さん、ゆっくりペースの長女に諭される。 このブログへご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今週もバタバタな一週間がやっと過ぎました。PTAの仕事の多いこと多いこと、まだまだ来週も続きます。。。 前のブログで少し触れました人からの急な頼まれごとは、今週でほぼ完了してホッとしま […]
  • 2018年5月31日 低酸素血症の進行 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。 長女(小6)と次女(小2)の運動会が先週末に終わりました。運動会の直前にドクターストップというハプニングがありましたが、先生方が長女の気持ちをくみ取ってくださり、太鼓を叩いたりプラカー […]
  • 2017年7月25日 小学校入学へ向けて気がかりだったこと 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログでは長女(小5)が幼稚園に入園した頃の様子を書きましたが、今日は幼稚園に慣れ、小学校入学に向けて発達検査を受けた頃を振り返りたいと思います。 長女は両大血管右室起始症(DORV)という心臓病と、先天性嚢胞状腺腫様肺奇形(CC […]
  • 2017年8月19日 夏休みの宿題:ドリルは少し無理して頑張りました。 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。夏休みも残りわずかになってしまいました。今週は私の実家の愛媛に帰省しています。夏休みの宿題の大半を終わらせて三姉妹も私もリラックスです。 今日は夏休みの宿題について書いてみます。 「やることはやる。でも無理はしない。」これは次女 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください