特別支援級ってどんな学級?part2;中学校の見学

このブログへご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日は小学校の特別支援級を見学させてもらいましたが、今度は家からすぐ近くの中学校の学校公開週間が始まり、こちらも見学をさせてもらいに行ってきました。

うちから徒歩5分もかからない場所にある中学校です。各学年に普通級2クラスと、知的障害児を対象とした特別支援級が1クラスあります。長女(小6)と次女(小2)が通う小学校とは地域で繋がっていて、5年生の時には小学校の保護者会の前に中学校の校長先生による説明会がありました。またこれまでに子ども達が課外授業として中学校へ訪問し、中学校の先生から理科の実験授業を受けるとか、部活動体験をさせてもらったこともありました。わが家にとっては選挙会場にもなっている中学校なのでとても馴染みのある学校です。

家からすぐ近くなので、中学校はここへ行くものだと長女は思っています。就学相談の判定によっては特別支援級になるかもしれないけれど、どちらにしてもここなのかなと、私も安易に考えていました。

ところが長女の担任の先生との面談で、思いがけないことを言われてはっとしました。「中学校の特別支援級へ進学する子ども達のほとんどは小学校でも特別支援級で学んできてます。その子達はその子達に合った授業や訓練を受けてきているが、Tちゃんは全く違うので、そこでうまくやっていけるかわからない。」みたいなことを言われました。んんん~、じゃぁうちの子はどこへ行けば良いの!?

悩んでいる時にたまたま学校公開週間であることを友達ママから教えてもらったので、さっそく行ってきました!

受付を済ませて、職員室の上のフロアに特別支援級のフロアがありました。その日は土曜日で、特別支援級のお子さん達1~3年生は1時間目から3時間目まで、近所の大学の学生との交流授業をされていました。生徒は全員体操服で教室の床に体操座りをしていて、司会の大学生が前に立ち、他の大学生が生徒たちの間に入って一緒に座わり、レクレーションというかお楽しみ会のような時間を過ごしていました。

私が見せてもらったのはほんの30分ほどですが、その時は紅白の旗を持ってゲームをしていました。「あーかあーげてっ♪しーろあーげてっ♪あーかさーげなーいでっ♪しーろさーげてっ♪・・・・・」。大学生のお姉さんの隣で嬉しそうに笑う女の子や、男の子同士でゲラゲラ笑っている男の子達、大人しい子もいました。担任の先生らしき人が一人だけ一番後ろに座っていて、何かお仕事をしながら時々大きな声で盛り上げるような声をかけていました。このゲームが終わる頃に廊下へ出ました。廊下には大学生と生徒達の楽しそうな声がもれていて、賑やかで明るい雰囲気が印象的でした。

特別支援級の教室は1から3年生まで横に並び、そのフロアは全て特別支援級でした。廊下には生徒たちの頑張った証である漢字検定の合格証や連合運動会の賞状などが貼り出されていました。また移動教室や修学旅行、運動会などの写真もぎっしり貼り出されていて、皆さんとても楽しそうな良い表情で写っている写真ばかりでした。見ていると各学年毎のものではなく、3学年合同で活動することが多いように見受けられました。またその中には先日見学させてもらった小学校の特別支援級のお子さん達と一緒に写っている写真もありました。小・中学校の特別支援級同士で交流があることがわかります。

特別支援級のフロアの奥突当りには、”最後まであきらめるな!”という強いメッセージと虎の絵が描かれた旗が貼られていました。普通級の教室はその突当りを曲がった先と上の階へ続いているようでした。

普通級の授業も見せてもらいました。こちらは教室も廊下もシーンと静かな中で先生が黒板へ板書するカツカツ音が響いていたり、先生の話す声だけだったりで、生徒達はひたすら黒板を見てノートをとっていました。数学の授業の黒板を見ると、うちの長女には到底ついていけそうにないレベルでした。貼り出されている生徒の作文などもレベルが高く、字もどれも大人っぽく整っていて、書いてあることもしっかりしているように見えました。

特別支援級と普通級のどちらも共通して言えることは、ぱっと見ですが体格がみなデカい!!特別支援級の中に一人だけうちの長女と同じように細い細い男の子が一人いて、その男の子はうちの長女と同じように何か病気があるのかもしれないなと思いました。しかしその生徒さん以外はみな体格は良かったです。体格で判断するなんておかしいかもしれません。でもどっちの教室にも、もしうちの長女がいたら・・・と想像すると、なんだか違和感がありました。うちの子は小学校低学年の身長で、体重は5歳児の平均にも満たないくらいです。

再来週は肢体不自由のお子さんを対象とした特別支援級のある中学校の学校公開週間が始まるようです。またそちらも見せてもらいに行ってきたいと思います!今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2018年6月10日 特別支援級ってどんな学級?見学に行ってきました。 このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。昨日から長女(小6)と次女(小2)の小学校では公開授業週間が始まりました。保護者だけでなく地域の方々も授業風景を見学することができます。 長女は先天性の心疾患(両大血管右室起始症 […]
  • 2019年9月11日 肢体不自由の特別支援級で良かったこと①担任の先生とその他の先生 毎日まだまだ暑いですね💦手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。台風15号の停電や断水でご不便をされている方が沢山いらっしゃいます。一日でも早い復旧をお祈りしています。 子供達は二学期が始まって二週間目です。小学生の次女(小3)と三女(小1)は宿題を終わらせるのもギリギリで […]
  • 2019年6月12日 酸素をつけて、中学からは肢体不自由の特別支援級へ いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前回のブログから三ヶ月近くも休憩してしまいました。。。長女のことを気にかけてくださっている皆さま、すみませんでした~‼今日からまた少しずつ更新していきたいと思います!! さてさて、今日は心配していただ […]
  • 2018年8月4日 中学進学へ向けての就学相談;発達検査と面談 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日、長女(小6)の中学校へ向けての就学相談へ行ってきました。朝9時から2時間ほどの予定と聞いて教育相談室という区の施設へ行ってきました。 この教育相談室へは1、2年生の時にも来たことが […]
  • 2019年10月3日 肢体不自由の特別支援級で良かったこと②手厚い支援 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前回からまた時間が経ってしまいましたが、今日も長女が肢体不自由の特別支援級で良かった~と思っていること第二弾を綴りたいと思います。 肢体不自由の特別支援級のある中学校へ入学して半年近くが […]
  • 2019年12月3日 三者面談;最近のこと勉強のこと進路のこと このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。朝夕ずいぶん寒くなってきましたが、皆さん元気にお過ごしでしょうか。長女(中1)は時々少し風邪をひきますが、喘息の発作も出さずになんとか元気に過ごしています。 昨日は中学校の三者面談でした […]
  • 2019年11月3日 肢体不自由の特別支援級で良かったこと③みんなをリスペクト このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先天性の心疾患と肺疾患のある長女(中1)は、小学校の6年間を普通級で過ごし、中学から肢体不自由の特別支援級へ通っています。今日はそこで良かったと思うこと第3弾です。 良かったと思うこと、 […]

2 Replies to “特別支援級ってどんな学級?part2;中学校の見学”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください