大雪の日の登下校

このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログで書きました三女(年中)のインフルエンザは幸いなことに家族の誰にもうつらず、たった一日でケロッと回復しました。ワクチンを打っていたお陰でしょうか!?それでも5日間は幼稚園をお休みしないといけません。私も用事を全てキャンセルして一緒に自宅で過ごしています。

昨日はたまたま私にとっては自宅で過ごすにはちょうど良いお天気でした。東京で久しぶりに大雪が降りました。

数日前から雪が降るかもしれないと予報が出ていましたが、朝は空が暗いだけで雪は降っていませんでした。私の朝の心配事は長女(小5)を自転車の後ろに乗せて小学校へシャーっと連れて行けるかどうかなのですが、大丈夫そうでした!

長女は先天性の心疾患(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 CCAM)があり、血中の酸素飽和度は安静時で健康な人の8割程度しかありません。周りの人が平地を歩いているところ、一人だけ高山の上を走ったり歩いたりしているようなものだと主治医には言われています。筋力が弱く、疲れやすく、歩くスピードはゆっくりです。

我が家は小学校まで一番遠いエリアにあり、片道1.2kmあります。4年生の春頃までは合唱団の朝練がある日だけ、帰宅後の疲労が激しいようだったので行きは体力温存も兼ねて送っていました。それ以外の日は長女が自力でゆっくり歩いて通学していましたが、5年生になると毎日の荷物の重いこと重いこと。ランドセルをリュックに替えても重たく、今では毎朝長女を送って行くのが私の日課になってしまいました。

昨日は次女(小1)を送り出す頃に少~し空から白いものが降り始めていました。傘は持たせましたが、足元はスニーカーで行かせてしまいました。長女(小5)も同じスタイルで自転車の後ろに乗せて出発すると、降っていた白いものは止んで余裕~♪だと思ってペダルをこいでいましたら、途中で雲行きが怪しくなってきました!小学校へ近づいた頃には小粒のあられがパラパラ降ってきて、なんだか嫌な予感がしてきました。

自宅へ戻った後、窓の外は少しずつ雪景色になっていきました。夕方に長女の国語教室の予定が休んだ日の振り替えでありましたが、お昼が過ぎた頃に休校の連絡が入りました。携帯にはメルマガ登録をしている横浜のハンバーグレストランから「本日は雪のため16時で閉店します。」というメールも届きました。サラリーマンの主人からも「もう帰る。」と連絡がありました。外は吹雪きです。

そんな中、次女がランドセルや上着、足元にたくさんの雪をつけて帰ってきました。退屈していた三女を誘って、二人は雪だるま作りに励みます。私は外を眺めながら、数年前の雪の日におまわりさんから電話がかかってきた時のことを思い出していました。雪が降る日の下校中に、長女が力尽きて交番へ駆け込ませてもらったことがありました。その頃は妹達もまだ小さくて、私もなかなか身軽に動くことが出来ず、長女に手を貸してあげたいのに出来ない・・・ということがよくありました。あの日、電話がかかってくる前に迎えに行ってあげれば良かった・・・雪が降る度に思い出します。

大きくなった妹達は今では勝手に雪だるまを作りながら留守番できるようになったので、今回は電話がかかってくる前に家を出ました。数年前に長女用に購入していたスノーブーツと替えの靴下を持って、私も長靴に撥水コートで完全防寒して迎えに行きました。

小学校へ向かいながら下校中の小学生にたくさん会いました。雪合戦をしながらはしゃぐ子ども達や足が滑りそうになっている子ども達、長女の同級生もみんな足早に自宅へ帰っていきました。通学路に小学生が誰もいなくなっても長女の姿は見えません。小学校で待ってるのかなぁ?と思っていると、いました、いました、校門から少しだけ進んだところにいました。

私を見つけると「寒い~。」と言いながら、眼鏡を曇らせてトボトボ小さな歩幅で歩いていました。スニーカーだった足元は濡れて寒そうでした。長女が数年前に駆け込んだ交番のすぐそばにある公民館の入り口まで頑張って、そこからはスノーブーツに履き替えてゆっくりゆっくり帰りました。数年前と足のサイズがほとんど変わってなくて良かったぁ(笑)

今朝は雪が止み、晴れました。しかし夕べ降り積もった雪が凍り、道路はとても自転車で行ける状況ではありませんでした。車なんてなおさら無理です。次女はいつも通りの時間にお友達と登校しましたが、長女は重たい荷物を私が持ったとしても歩くのにかなり時間がかかりそうでした。

そこで家の近くのバス停から1時間に2本しかないバスに乗って小学校の少し近くまで乗っていくことにしました。バス亭は普段から人がいっぱいです。今日は特に来るバス来るバスどれも激混みでした。時間も全く当てにならず、小学校には遅刻するかもしれませんと電話をしておきました。そしたらラッキーなことにその後すぐに乗りたいバスが来てくれて、しかも中はガラガラで座れました。なんでも春からなくなる路線だそうです。納得。お陰で小学校へも普通に間に合いました。

いつもの公園も雪景色でした。明日は道路の雪が溶けていますように。皆さんも雪の日は足元に充分お気をつけて、暖かくしてお出かけください。今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2017年7月11日 心臓病と肺疾患のある娘が水泳の授業に参加していた頃の話 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。心臓病仲間のお友達(小学1年生)のママから学校の水泳の授業に関する質問がありました。 先生と水泳の授業に関する打ち合わせをしたか?付き添いはしているか?何か気を付けることはあるか?についてです。 長女は水泳の授業を1、2年生の時 […]
  • 2017年7月23日 3歳半から言葉と母子分離がスタート:娘を受け入れてくれた幼稚園 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログに続き、今日も長女の発達に関して、幼稚園へ入園する頃のことを書いていきます。 長女は両大血管右室起始症(DORV)という心臓病と、先天性嚢胞状腺腫様肺奇形(CCAM)という肺疾患を併せ持って生まれてきました。心臓は複雑な形を […]
  • 2017年8月14日 普通級か特別支援級か迷ったら読んで欲しい長女の場合4:担任の先生との面談 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小5)は心臓病と肺疾患による障害があり、ボーダーラインとかグレーゾーンと言われる発達の遅れがあります。小学校は就学相談を経て地域の公立小学校の普通級へ通っています。 入学前の就学相談については前にもブログで書きましたが、情緒やコ […]
  • 2018年4月11日 緊張して緊張して大騒動な新学期 このブログをご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日からようやく三女(年長)の幼稚園が新学期を迎えました。長女(小6)と次女(小2)の小学校も授業が始まって2日が経ちました。長女、半端なく緊張しています。 担任の先生は、2年生、3年 […]
  • 2018年11月18日 小学校最後の学芸会が、終わった~! いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログを更新した後、長女(小6)の小学校最後の学芸会が始まり、終わりました。つ、つ、つ、つ~か~れ~た~。 朝はPTAの小部屋で時間が経つのを待ち、時間になって教室へ向かいました。酸素を持って長女 […]
  • 2019年6月15日 酸素吸入は医療的ケア いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(中1)が昨日カテーテル入院から無事に退院して帰ってきました。ちょうど長女のサチュレーション(血中の酸素飽和度)が下がり始めてから丸一年になるのですが、今回の治療でやっとやっと進行していた低酸素血症が改 […]
  • 2017年6月28日 個人ドメインでブログスタート 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。ブログを始めるのは3度目になります。 一度目は10年前のこと、長女がまだ1歳で体調も今ほど良くなかった時代に学研のクラッセというSNSを利用していました。その頃の私は全く育児書通りにいかない病児の子育てに悩み、娘の体調のことも不安で、 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください