役に立たないって言われたら。

このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。昨日は長女(小5)と次女(小1)が通う小学校で「子どもフェスティバル」という文化祭のようなイベントがありました。

2年生から6年生の児童が学年毎にお楽しみコーナーを企画し、一年生はお客さんでそれぞれのコーナーを巡っていくんだそうです。そのために2~3週間前から準備を重ねてきているようでした。

長女も放課後に残って遅く帰ってきたり、自由帳に一生懸命メモをとってきたり、折り紙やハンコを用意して持って行ったり、家でもよく子どもフェスティバルのことを話題にしていました。楽しそうに話してくれるので、長女なりに楽しんで頑張ってるんだなぁと思って見ていました。

ところがいつだったか、長女と私と二人の時に、ポツンと「今日ちょっとね、聞こえちゃった。。。」と話してくれたことがありました。一番前の席で黒板をノートに書き写している時に、どこか後ろの方から男の子二人が「Tちゃんは役に立たないからなぁ・・・」と話しているのが聞こえてきたそうです。「誰が言っているのかわからなかったけど、何でそんなこと言われてるのかわからなかったけど、ドキッとした。」と言います。

長女は先天性の心疾患(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 CCAM)があり、血中の酸素飽和度が安静時で健康な人の8割程度しかありません。主治医には周りが平地を歩いているところ、一人だけ高山の上を歩いたり走ったりしているようなものだと言われていて、筋力が弱く疲れやすいという特徴があります。また脳には治療を受けている過程で起きたのか脳硬塞などのダメージを受けた跡があることがわかっていて、発達に軽度の遅れが見られます。

長女のことを一番よく知る母としては、「役に立たない」というクラスメイトの本音に内心は納得してしまう部分もありました。聞いてしまった長女は悲しかったろうなぁと思います。

しかし考えてみると、健康だとか障害があるなしに関わらず「あの人は役に立たない。」なんていう本音は、働く大人の世界でもよくある話です。長女には将来、社会に出て働いて欲しいと思っています。役に立たないと思われてしまったら、それはやっぱり良い働きが出来ていなかったということで、社会では通用しません。

「みんなで力を合わせてやる時は、どうすればみんなが助かるかな?と考えながら動いてみたらどうかな?家で自分からおつかいに行ってくれたり、料理のお手伝いをしてくれる時があるけど、いつもすごく助かってるよ~!ああいうのが”役に立つ”ってことだからね。できるできる!」と話すと、「なるほど~。気を付けてみる。」と納得してくれました。

さてさて、それから長女の働きに変化があったかはわかりませんが、子どもフェスティバル当日、長女の学年は体育館を広々と使って、クイズに答えながら進んでいく迷路とボーリング、サッカーのPK・・・など盛り沢山なコーナーでした。保護者も参加できるとのことだったので、私もPTAの用事ついでに初めて行ってきました。

長女からは朝「私は後半に受付にいることになってるから、その頃に絶対来てね!」と言われました。それでその頃行ったのですが、長女の受付当番は前半だったそうです。私は会えませんでしたが、何人かのお母さん方から「Tちゃんにハンコ押してもらったよ~。」とか、「いらっしゃいませ~。って言ってくれたよ~。」など噂を聞くことができました。役に立ってる立ってる!

長女からは帰って来て「何で来なかったの~?」と言われてしまいました。「そりゃ、あ~た、後半に受付だって言ってたから後半に行ったのよ~。いなかったけど。」と話すと「そうだっけ?間違えてた!」だそうです。。。まったく~。

長女には低学年の頃から”日本一のテキトー女”とあだ名をつけていますが、まだまだそのあだ名は続きそうです。そんな長女ですが、役に立つって自分にとっても嬉しいことなので、これから役に立つ経験を沢山重ねて自信を持っていって欲しいなぁと思います。ついつい出来ないことばかりが目立ってしまい意識したことがなかったですが、家ではちゃんと役に立つことも色々してくれています。今日も洗濯物を畳んだり、お風呂掃除もしてくれました。ドンマイ!きっと大丈夫!

今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2018年7月27日 ありったけの常備薬で症状回復 いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。入院までして長く長く続いていた長女(小6)の咳が、ようやく治まってきました! 週末に修学旅行へ行く同級生を学校までお見送りに行った後、高熱を出して相変わらず痰が絡んだような咳がひどかったのです。一時は […]
  • 2019年6月12日 酸素をつけて、中学からは肢体不自由の特別支援級へ いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前回のブログから三ヶ月近くも休憩してしまいました。。。長女のことを気にかけてくださっている皆さま、すみませんでした~‼今日からまた少しずつ更新していきたいと思います!! さてさて、今日は心配していただ […]
  • 2018年9月1日 新学期直前に面談;先生の不安と娘の不安 いつも応援くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日、長女(小6)の学校へ病状に関する証明書を提出してきました。酸素を携帯して学校へ行くために提出を求められていたものです。たまたま校長先生も副校長先生も養護の先生も担任の先生も不在で、次女(小2)の […]
  • 2017年7月9日 集中治療室での一週間 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログでは長女が生まれた日のことを書きました。母子手帳には出生時の状態の欄に重症仮死と書かれてあります。生まれたその日に先天性嚢胞状腺腫様肺奇形(CCAM)の嚢胞状の腫瘍となっていた肺の2/3を切除しました。今日はその後の一週間を振り返 […]
  • 2017年12月7日 宿泊学習;笑顔の写真が物語る このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小5)が宿泊学習へ行ったのは10月の初めでした。その時の写真が小学校で掲示されているということで、今日はPTAの用事で行ったついでに見てきました。 10月のブログでも書きましたが、 […]
  • 2017年12月24日 お友達の家と国語教室でやる気アップ このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。小学校の終業式は月曜日のクリスマスですが、子ども達は土曜日からすっかり冬休み気分です♪ 長女(小5)の金曜日はスペシャルデーでした。お友達のお宅にお邪魔させてもらって、とても楽しいひとと […]
  • 2017年7月25日 小学校入学へ向けて気がかりだったこと 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログでは長女(小5)が幼稚園に入園した頃の様子を書きましたが、今日は幼稚園に慣れ、小学校入学に向けて発達検査を受けた頃を振り返りたいと思います。 長女は両大血管右室起始症(DORV)という心臓病と、先天性嚢胞状腺腫様肺奇形(CC […]

“役に立たないって言われたら。” への2件の返信

  1. こんにちは。mariと申します。先ほど体育の付き添いから戻ってきましたが、うまく動けていないためにクラスの児童から言われていたのを見たばかりでしたのでタイムリーな話題でした。Tちゃんへの家での声掛けがとても参考になります!
    娘はまだまだ学校のことを上手に説明できないときがあります。だいじょうぶかな?と心配になりますね。いつも ブログを楽しみにしています。

    1. こんばんは、mariさん。コメントをありがとうございます!だいじょうぶかな?と心配になられるお気持ち、とてもわかります。私も長女の学校での様子を見て胸がキューっとなることがあるんですよ。でもそんな時、意外と本人は「いつもそんなもんだ」と言わんばかりにケロッとしています。親が思っているほど弱くないのかもしれませんね。これからもブログ更新していきますので、どうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください