修了式が終わり、いよいよ卒業式!

いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今夜は久しぶりの投稿になります。

長女(小6)は前のブログの通り、2月にカテーテル手術を受けました。昔縛っていた肺動脈を拡げるステント治療が万事うまくいって肺動脈は倍以上太くなったのですが、血中の酸素飽和度は治療前と変わらず、酸素をつけた状態で安静にしていれば80%ですが動くと途端に60~70%台に下がり、学校生活がしんどい状態は変わりませんでした。しかし歩くスピードが若干軽快になったように見えるので、やっぱり効果はあるのだろうと思います。

思春期というのもあるのか、体力面とメンタル面と両方が繊細になってしまい、毎日気持ちを学校へ向かわせるだけでも一苦労でした。

また毎日長女の短時間登校の送迎と三女(春から新一年生)の幼稚園の送迎、他にも習い事の送迎や合間にPTAや読み聞かせの活動があったり、進学先の中学校の先生との面談も始まったり…、あまりの忙しさに私自身も体が疲れきってしまいました。そうすると心も頭も疲れてきて。。。ブログを更新しようにもマイナスなことしか文字にできず、結局更新できずにいたというわけです。

それでも何とか先週の修了式で小学校6年間の課程を終えることができました!そして最後の最後に、なんと修了式でクラスの代表として校長先生から修了証書をいただける大役を与えてもらい、無事にそれも果たしました。修了式前日にクラスのみんなから選んでもらったんだそうで、本人とても嬉しそうでした。

クラスの代表なんて6年間で初めてのことですから!先生とみんなの粋な計らいに感謝です。私も送迎ついでに授与さらる場面を見せてもらいました。壇上に上がる時は担任の先生が酸素ボンベを持ち上げてくれていて、ありがたかったです。

中学校は就学相談の結果と長女本人の希望で隣の学区にある肢体不自由の支援級へ進学します。朝が来たら、みんなと過ごせる最後の一日、いよいよ卒業式です🌸楽しんでもらいたいと思います。

今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2019年3月27日 酸素をつけて卒業式🌸 いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今週の月曜日に長女が小学校を卒業しました🌸 さかのぼること卒業式の3週間前、こんなことがありました。娘を3時間目から送っていった後に担任の先生から「卒業式の練習がそろそろ始まるんですけど、その前に酸素 […]
  • 2018年3月25日 5年生だけど卒業式でウルウル このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日、小学校の卒業式へ親子で参列してきました。長女(小5)は在校生として参加し、私もPTA役員として来賓者でお呼ばれしました。低学年の次女(小1)は一足早く春休みが始まり、三女(年中)と一緒に […]
  • 2018年11月23日 小児循環器外来と就学相談 いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)と次女(小2)の学芸会が終わってほっと一息ついたところで、今週はカテーテル後の外来と、中学校を会場にした就学相談の二回目の面談がありました。 まずは体のことですが、ようやく今後の予定が立ち […]
  • 2019年6月12日 酸素をつけて、中学からは肢体不自由の特別支援級へ いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前回のブログから三ヶ月近くも休憩してしまいました。。。長女のことを気にかけてくださっている皆さま、すみませんでした~‼今日からまた少しずつ更新していきたいと思います!! さてさて、今日は心配していただ […]
  • 2019年2月6日 待ちに待ったカテーテル手術 いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。すっかり久しぶりの更新になってしまいましたが、長女(小6)が昨日入院しました。待ちに待ったカテーテル手術のためです。二時間ほど前に検査室へ送り出してきて、今は戻ってくるのを待っているところです。 […]
  • 2018年10月31日 カテーテル検査が終わり、次のステップへ向けて いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。 先週、長女(小6)の心臓カテーテル検査が終わりました。検査室へ入ってから出てくるまでに4時間かかりましたが、特にトラブルもなく無事に終了しました。 元々のサチュレーション(血中の酸素飽和度)が […]
  • 2018年10月22日 明日から入院。準備はOK! いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。明日から長女(小6)はカテーテル検査と治療のため入院です。夏休みの終わりに決まったカテーテルの予定に向けて、学校では酸素つき付き添いつき短時間登校を続け、病院では何度か小児循環器の先生の元へ通い、いよいよ入 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください