重たすぎるランドセル問題のその後

手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。気が付けば夏休みも終わり、新学期が始まりました!今日は前にブログで書きました長女(小5)の重たすぎるランドセル問題について、その後のご報告をしたいと思います。

長女は先天性の心臓病(両大血管右室起始症DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形CCAM)があり、低酸素血症の状態が続いています。血中の酸素飽和度が安静にした状態で80%前後です。健康な人はほぼ100%で、周りの人が平地を歩いているところを娘だけが高山を歩いたり走ったりしているようなものだと主治医からは言われています。

疲れやすく、疲労回復に時間がかかる特徴のほか、生まれた時から筋肉に必要な酸素が充分に足りていないため筋肉があまりついていません。体格もかなり小柄で、今日ちょうど学校から持って帰った身体測定の結果を見ると、現在の体重は18.2kgでした。ちなみに教科書の入ったランドセルは大体5kg前後あります。それでも何とか本人の希望でランドセルを使わせていましたが、年々教科書が増えて重たくなるランドセルが辛くなってきました。

そこで、夏休みの個人面談の際に担任の先生に相談してみました。ブログに寄せていただいたコメントも参考にさせてもらいながら、リュックサックで登下校しても良いかどうか聞いてみたのです。長女が通う小学校は皆さん6年生までランドセルを背負っていて、長女も頑なにランドセルを背負うことにこだわっていました。しかし今年は6年生に一人リュックのお子さんがいらっしゃるようで、娘の気持ちがリュックへ傾いてきました。担任の先生もリュックに賛成してくれましたが、通学鞄について校則があるのかどうか校長先生にも確認してくださいました。そして夏休みの稲の水やり当番の日にリュックOKの返答を娘が聞いて帰ってきました。

というわけで、2学期からランドセルをやめてリュックサックで通学しています。また荷物が重たい時には、今までは何となくの頃合いを見て途中まで迎えに行っていましたが、これも担任の先生に相談して、重たい日は長女を学校で待たせて迎えに行くことにしました。荷物の半分くらいを私が持ち、残りは本人にも背負わせて歩いて帰る約束です。迎えに行く約束をしていない日でも重たくて辛い時は学校の玄関にある公衆電話からかけてくるように10円玉を何枚か入れておきました。さっそく毎日電話がかかってきていますが。。。

本当は教科書を学校へ置いて帰らせてもらえたら一番助かるのですけどねぇ。小学校では皆さん持って帰ることになっているので、なかなか難しいようです。

実は3年生の頃、教科が増えて教科書が増え、ランドセルが急に重たくなり、同級生のお母さん方からも保護者会で教科書を置かせてもらえないかというような意見が出たことがありました。学校では教科書を持ち帰ることになっているので・・・と、言われて終わりました。

そんな頃、心臓病の娘さんがいる先輩ママが偶然バスから娘の下校姿を見かけ、アドバイスをくれました。先輩ママの娘さんは現在高校生なのですが、小学生の時から教科書は学校に置いておく用と自宅用の二冊を買って対応されているとのことで、うちの長女もそうさせてもらうと良いよと教えてくれました。バスから見えたランドセル姿がとても辛そうだったと心配してくれたのでした。

そこで早速、担任の先生に相談してみました。担任の先生では判断できないとのことで担任の先生から校長先生へ相談してもらいました。すると主要教科の国語算数については自宅へ持ち帰り、その他の教科については1冊ずつ買い足して学校へ置かせてもらえることになりました。

しかし時間割を揃える習慣を身に付けさせるという観点で机の中に置いたままにするのは許されませんでした。教室から少し離れた特別活動室の棚に娘の教科書を置けるスペースを作ってくれて、毎朝学校へ着いたらそこから必要な教科書を揃えて教室へ行き、帰りにまたそれらを置いて帰るというルールでした。

動作がゆっくりで勉強も頼りなく、3年生だった娘に朝も帰りも教室から離れた所にわざわざ寄って教科書を揃えたりしまったり・・・出来るわけがなかったです。先生もそんなことくらい予想できていたと思います。それでも教科書を置いて帰れば体が少しでも楽になるのではという一心で、毎朝その日に必要な教科書が何かをメモして娘に持たせました。しかし娘本人は数回だけトライしただけで、気がつけばみんなと同じに教科書を全て持って帰ってきていました。娘から「その方が楽!帰りに自分だけ違う教室に寄るのも面倒臭い!」と言われ、結局、教科書を置いて帰る案はそれっきり自然消滅しました。

思い返せば、低学年の頃は行きは主人がランドセルを持って通学路の途中の駅まで手を繋いで引っ張るようにして歩いていき、駅から先は娘が背負って学校へ向かっていました。帰りは途中まで私が迎えに行ったり、慣れてきたら帰るのに時間がかかっている時だけ迎えに行きました。ランドセルが重たそうだったからと帰り道に出くわしたお友達のお母さんが持って帰ってくれたこともありました。道端で疲れてしゃがみ込んでいる所を知らない保護者の方が心配して学校へ電話してくれたこともありました。疲れ果てた本人が途中の交番に寄っておまわりさんから家に電話があったこともありました。身体測定の記録を見ると1年生の時は14kgでした。今更ながら無理させてたかも…と思います。それでも本人が欲しくて買ってもらったランドセルですから!今までよく頑張って背負いました。

さて、荷物はランドセルをリュックにしたところで重たいことには変わりないようです。今日もそんな話をママ友としたばかりなのですが、中学生、高校生になるともっともっと重たくなるそうです!!

これまた先輩ママから格言をいただいたことがあります。「母はひたすら黒子のように頑張るのよ~!」と。黒子のように、頑張る!なるほど!頑張りましょう~!

今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2017年7月14日 低酸素血症:血中の酸素飽和度80%の娘の重たすぎるランドセル問題 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログでは長女が低酸素血症により歩くスピードが遅くなる件について書きましたが、今日は長女の筋力が弱くてランドセルが重たい件について書きたいと思います。 長女は両大血管右室起始症(DORV)という心臓病と、先天性嚢胞状腺腫様肺奇形( […]
  • 2017年11月8日 障害ってどういう意味?本人に自覚なし? 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。昨日は朝から長女(小5)と一悶着がありました。小学校の合唱団の朝練がある日でした。何となく薄々感じていたのですが、どうも毎回大幅に遅刻しているようなのです。 朝練では練習前にクラスの教室へ寄ってランドセルを置いてから練習場所である1階 […]
  • 2017年9月27日 心臓病と肺疾患がある娘の運動会 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。秋の清々しい季節になってきましたね。前のブログに続いて、先日心臓病のお友達(小学1年生)のママから体育や運動会についての質問がありましたので、今日は長女(小5)の運動会について書きたいと思います。 長女は心臓病(両大血管右室起始症DO […]
  • 2017年9月24日 障害がある娘の体育の授業 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。運動会の季節ですね。我が家の長女(小5)と次女(小1)の小学校は春にありましたが、三女(年中)の幼稚園では毎年体育の日が運動会です。かけっこの練習をしたり、運動会に関連した歌を歌って気持ちを盛り上げています。 さて、先日もうすぐ運動会 […]
  • 2017年12月18日 小学生、捨てたもんじゃないです このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。小学1年生の心臓病のお友達ママから質問をもらいました。このブログを読んでくださっている皆さんにも同じような心配をされている方がいらっしゃるだろうと思いましたので、ブログでお答えしたいと思います […]
  • 2017年8月29日 子供は親が心配するほど弱い生き物ではないですね。 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。もうすぐ新学期が始まります。長女(小5)は今朝、稲の水やり当番で久しぶりに学校へ行きました。5年生は学校の一角で米作りを学んでいます。 長女は心臓病(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 […]
  • 2017年8月15日 普通級か特別支援級か迷ったら読んで欲しい長女の場合5:学校の先生との関わり方 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小5)は心臓病と肺疾患、発達の遅れがありますが、就学相談を経て地域の公立小学校の普通級へ通っています。これまで普通級でやってこられたのは、各学年でお世話になった担任の先生方のお陰です。今日はその先生方との関わり方について振り返ってみま […]

2 Replies to “重たすぎるランドセル問題のその後”

  1. うちの子も小学校の時は、学校用と家用の教科書がありました。
    学校用は、教室のうしろのロッカーを1つ空けてもらって置かせてもらいました。今は、もう学校用の教科書しかありません。本人がどうしても皆と違うのはイヤだ‼と言うからです。
    ランドセルもとても重たいですが、中学高校となって、どうやって片麻痺のこの人が一人で持ち歩いているんだろ?と思える重さのカバン(この前11㎏ありました)と共に毎日登校しています。

    1. ヒロコさん、コメントをありがとうございます!
      11㎏もあるカバンを毎日持って通学してるのですね~!重たいですね~(><)!皆と違うのはイヤだという気持ち、それは理解してあげたいですが、なんて頑張り屋さんなんでしょうか。ただただ頭が下がります。私も応援しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください