重ね着で冷え症対策

手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。立冬を過ぎて少しずつ寒くなってきましたね。子供は風の子とはよく言ったもので、うちの次女(小1)と三女(年中)は寒い日でも動き回るとポカポカ汗をかき、すぐに上着を脱いで薄着になりたがります。小児科の先生のお話では子供は体温が高くて基礎代謝も良く、大人よりも薄着がちょうど良いのだそうです。

一方、長女(小5)は次女や三女と同じように薄着というわけにはいきません。先天性の心疾患(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 CCAM)があり、血中の酸素飽和度は健康な人の8割程度しかありません。体循環が悪く、冬は手足からすぐに冷えていきます。平熱も妹達より0.5度くらい低く、ゆっくりしか体も動かせないためか体の体温調節機能もあまり働きません。そのため冬は重ね着をして体温調節をしています。

基本スタイルは4枚重ね着です。下から順番に①裏起毛の長袖肌着②綿のタートルネックカットソー③フリースのハイネックカットソー④厚手のスウェットかボアフリースかセーターか、カーディガンなど本人の好みと寒さのレベルによって変えていきます。外出時はダウンコートを着て手袋をします。もう少し寒くなってきたらマフラーも登場します。

これだけ重ね着していると小学校では体育の授業の着替えが大変になりそうですが、一年生の時の担任の先生のアイデアで長女だけは一番上に着ているものだけを長袖の体操服に替えて、短パンの下のレギンスも履いたままで体育を受けさせてくれました。それが時短&体温調節にとてもちょうど良かったので今もそのスタイルを続けさせてもらっています。

幼稚園の時にもみんなとは違うスタイルのものがありました。一年中袖なしのスモックを着て活動する幼稚園でしたが、うちの子は春夏と同じスモックでは明らかに寒かったので、コーデュロイ生地の裏にボアやフリース生地を合わせて作った特製スモックをベストのように着せていました。運動量が健康なお子さん達と違うので服装にも工夫が必要な場合がありますね。

話は戻ってまた現在、足元は裏起毛のハイソックスに裏起毛のレギンスに厚手のスカートかキュロットか長ズボンです。指定の上履きもメッシュで寒いのでしもやけ対策に起毛素材の中敷きを敷いています。幼稚園児だった頃は裏起毛のハイソックスなんてなくて、通園用に内側がボアになったスニーカーを履かせたり、幼稚園では禁止されていたブーツも先生が許可してくれていました。靴下を二重に履かせていた年もありましたが、ここ数年は暖冬ということもあって裏起毛ハイソックス一枚に秋冬もののスニーカーでしもやけは出来ていません。

冬になる度に長女が暖かく着られる衣類を探し求めてきましたが、世の中も年々新商品やトレンドが出てきて暖かい衣類は進化しています。ここ数年は裏起毛が流行っていますね!生地が厚くて保温性も高くとてもおススメです。

素材でいえば合成繊維のものが増えていますが、長女のように体そのものがあまり発熱しない方には合成繊維よりも天然繊維が断然暖かくておススメです。子供が脱いだ直後の衣類の内側を触ると違いわかります。上着であれば中綿がポリエステルのものよりもダウンのもの、セーターであればアクリルよりもウール、カットソーやブラウスであればポリエステルよりも綿の方が脱いだ後のぬくぬく~っとした暖かさが残っています。合成繊維でも分厚いフリースやボアのような起毛素材は軽くて暖かいので、これまたおススメです。

我が家は長女だけでなく私も冷え症です。体質から改善できると良いのですが、なかなか良い方法が見つかりません。この冬も重ね着で乗りきろうと思います!今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2018年2月25日 インフルBに感染:義母から言われたくない一言 このブログへご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。三女(年中)がまたまたインフルエンザにかかってしまいました。大暴れしながらワクチンも打ってもらっていますが、先月はインフルA型で、今回はインフルB型でした。お医者さんにはインフルAにかかった […]
  • 2017年8月15日 普通級か特別支援級か迷ったら読んで欲しい長女の場合5:学校の先生との関わり方 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小5)は心臓病と肺疾患、発達の遅れがありますが、就学相談を経て地域の公立小学校の普通級へ通っています。これまで普通級でやってこられたのは、各学年でお世話になった担任の先生方のお陰です。今日はその先生方との関わり方について振り返ってみま […]
  • 2017年7月2日 安定期に絶対安静:異常なお腹の張りで点滴&入院生活 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。 今日はお腹の中の赤ちゃんの病気が判明してからの妊婦生活について振り返っていきます。 お腹の中の赤ちゃんの病気が判明して妊娠を続けると決意したのがクリスマスの翌日でした。その後は大学病院のハイリスク妊婦外来に通うことになり、年が […]
  • 2018年9月24日 担任の先生が怖い!!のつづき;副校長先生に救われる。 いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。前のブログ(担任の先生が怖い!!)の続きです。先週はたったの4日しか登校日がありませんでしたが、一日目に登校し、二日目は行く間際になって頭痛で欠席しました。その翌日、三日目のお昼の出来事です。 5時間 […]
  • 2017年12月26日 待って待って大騒動のクリスマスプレゼント☆ このブログへご訪問いただきありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。昨日はクリスマスでした!長女(小5)と次女(小1)は終業式の日でもありました。 朝、子ども達の枕元には私からのちょっとしたクリスマスプレゼントを置いていたのですが、「ありがとう!」と言う […]
  • 2017年7月17日 病児の体調の変化に気付くコツ 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女は心臓病-両大血管右室起始症(DORV)と肺疾患-先天性嚢胞状腺腫様肺奇形(CCAM)の二つの病気を併せ持って生まれきました。昨日のブログでは、長女の歌声が元気かどうかのバロメーターになっていると書きましたが、今日は娘の体調を判断する時 […]
  • 2018年8月30日 待ちに待った小児循環器外来 いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日、愛媛の実家から戻ってきました。ゆっくりたっぷり夏の田舎でエネルギーをチャージしてきました!(愛媛での様子はまた後日更新しますね。)愛媛から帰ってきた翌日は待ちに待った小児循環器の外来へ行ってきました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください