熱と咳と低酸素血症

このブログをご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)が金曜日の夕方からまた体調不良です。

いつもの国語教室へ連れて行くと、階段を昇るスピードがやけに遅いなぁと気になりました。1時間後に迎えに行き、先生と挨拶をして教室を出ると、階段を降りるスピードがまたやけに遅く、「体がビリビリする。」と言い始めました。

「ビリビリするってどういうこと!?」よく見ると手足に鳥肌が立っていたので「寒くて震えるということ?」と尋ねると、「いや全然寒くない。ただビリビリする。」と言うけれど、、、小刻みに震えているように見えるので、ビリビリ=震えるってことかしら?こりゃまた病院だなと急いで帰宅し、熱を計る間もなく受付終了間際の小児クリニックへ急ぎました。

病院で熱を計ると39.3度でした。平熱が低くて滅多に高熱を出さないのが長女だったのに、どういうわけかこのところ頻繁に高熱を出します。

前回クリニックを受診したのはGWに入院した時でした。あの日も朝から高熱が出て、休日でも診てもらえるこのクリニックへ駆け込み、吸入を2回してもらっても喘鳴がひどく、努力呼吸も見られたため喘息治療を受けているいつもの大学病院へ入院したのでした。

今回もあの時にお世話になった先生にまた診てもらいました。待合室で看護師さんが血中の酸素飽和度を測ってくれると、76%でした。長女の体調が良い時の数字は80%台なので、低すぎるというわけではないですが低いです。痰が絡んだようなひどい咳もしていたので、また喘息で気管支が狭くなっているのかな…。

診察に呼ばれて先生に診てもらうと、胸の音は喘息という感じではないとのことでした。「熱が高いと体の中の酸素を沢山必要とするので、今日はそのせいで血中の酸素量が減っているのかもしれません。喉が赤いので、風邪からきたお熱と診て良いかと思います。」と診断を受けました

喘息であれば吸入をすると一時的に血中の酸素飽和度が高くなりますが、この日は吸入をしてもらっても変わりなく、やっぱり先生がおっしゃるように喘息ではないんだということがわかりました。解熱剤と、去痰薬と気管支拡張剤を処方してもらい、翌日また受診することになりました。

普段は就寝時につけている酸素チューブを帰宅後すぐにつけました。時間も遅くなったのでお腹も空いていてカレーを食べたいと言いましたが、3口くらいでギブアップしてしまい、ガリガリ君アイスを食べさせると、それはゆっくり時間をかけて平らげました。

解熱剤を飲ませ、保冷剤を首に当てて寝かせると一時間もしないうちに熱が下がりました。夜中に解熱剤の効果が切れて熱が上がるようなら再度飲ませるようにと先生から指示されまたので、夜中も何度かおでこを触って確認しましたが、幸い熱が再度上がることはありませんでした。

翌朝の土曜日に約束通りに小児クリニックへ連れていくと、血中の酸素飽和度は78%でした。前の日よりも少~しだけ改善されていました。咳も少し治まってきたようですが、喉はまだ赤いようでした。

「今は夏風邪で熱を出すお子さんが多くて、スッキリするまでには時間がかかるかもしれませんが、このまま薬を続けて様子をみてみましょう。」ということになりました。

そんなわけで、週末は家でおとなしくしていましたが、痰が絡んだような咳だけが気になります。咳をする頻度はそれほどではないように思いますが、咳の出し方が派手に聞こえます。

思い返してみると花粉症の時期からずーっと痰が絡んだような咳をしています。今年はなんだか例年よりもしつこいです。また喘息発作や肺炎を誘発しないようにと願うばかりです。皆さまも梅雨の季節、体調には気をつけてくださいね。今日も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  • 2018年6月27日 低酸素はつらいよ。 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)が先週の金曜日に高熱を出してから血中の酸素飽和度が低下傾向にあります。 月曜日、熱はないものの、朝から動きが悪くて時々痰が絡んだような咳をグエッホッ。。。とするので、喘息を診 […]
  • 2017年11月24日 小学生だけど鼻吸引 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日は長女(小5)が体調を崩して小学校をお休みしました。朝起きて「おはよう」の第一声から震えるような声でおかしかったので熱を計ると37度2分でした。一般的に子どもの場合は37度5分から熱だそうですが、長女は元々平熱が36度2~3分で低いので […]
  • 2017年10月26日 薬を飲んでも続く咳と鼻水は副鼻腔炎 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。この秋はお天気が悪いですね。台風の被害に遭われた方々には心よりお見舞いを申し上げます。 今日は長女(小5)の最近の体調についての話題です。ここ一ヶ月ほど学校を休むほどではない咳と鼻水が続いていました。心臓の薬と喘息の薬に加えて気管支拡 […]
  • 2019年2月6日 待ちに待ったカテーテル手術 いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。すっかり久しぶりの更新になってしまいましたが、長女(小6)が昨日入院しました。待ちに待ったカテーテル手術のためです。二時間ほど前に検査室へ送り出してきて、今は戻ってくるのを待っているところです。 […]
  • 2018年12月1日 酸素をつけた娘が小学校の階段を克服するために。 いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)は今年の夏から小学校で酸素を携帯するようになりました。酸素の会社が貸し出してくれている酸素ボンベ専用キャリーは外見も素敵で、コロコロ転がせて重たい思いをしなくて済むのが非常に便利です。↓ […]
  • 2018年8月17日 低酸素血症の進行と心不全症状の悪化 このブログへご訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)の心臓外来へ行ってきました。今日はドキッとするタイトルですが、診察結果を文字にするとこうなるのだそうです。長女の状態は先月に比べると、長く続いていた咳がすっかり治まり、喘息の症状も […]
  • 2018年7月13日 酸素をつけて登校したら、校長先生ストップ!? いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)が体調を崩して入院して退院して自宅安静して、やーっとこさ10日ぶりに学校へ行ってきました。 長女は先天性の心疾患(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください