頼り頼られ生きてます。

このブログへご訪問くださり、ありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。3月は忙しいですね~!!保護者会や年度末行事が立て続けにあって大忙しな一週間でした。1年任期のPTAも最後の総会や来年度に向けての引継ぎ、配布物などの準備で今が一番忙しい時期です。

そんな中、わが家にはお手伝いをよくしてくれる頼りになる人材が一人います。次女(小1)です。私が忙しくしていると、いつも「私がやってあげようか?やってあげたらママ助かる?」と声をかけてきてくれます。

月曜日、低学年の保護者会がありました。その前にPTAの用事もあり、その日は朝からずっと小学校でした。三女(年中)は幼稚園の延長保育で、長女(小5)は放課後学習へ行くと言っていました。長女よりも早く授業が終わる次女(小1)は一人で帰ってきて留守番をすると言いました。

そしてついでに「Mナ(三女)の延長保育のお迎えに行ってあげようか?」ととても素敵な提案をしてくれました。幼稚園は次女が昨年卒園したばかりの馴染みの幼稚園です。

「行ってくれる!?H先生に1000円払ってMナを連れて帰るの出来そうかな!?」と確認すると、一瞬不安そうな顔をしましたが、「ママが助かるなら行ってあげる!先生達も褒めてくれるかな!?」と言って、やる気スイッチが入りました。

私としては本当に助かります。保護者会が長引いた場合、迎えの時間に合わせて途中で抜けなければならなかったし、放課後学習に行くと言う長女は小学校から私に連れて帰ってもらう算段でいるので、長女も連れて三女の迎えに行くのは大変でした。

長女は先天性の心疾患(両大血管右室起始症 DORV)と肺疾患(先天性嚢胞状腺腫様肺奇形 CCAM)があり、安静時で血中の酸素飽和度が健康な人の8割程度しかなく、歩くスピードが出ません。この日は天気が悪くて自転車も使えそうにありませんでした。

そういうわけで、次女からの提案はめちゃめちゃ助かる~!!1年生の子に幼稚園児の妹のお迎えを本当にお願いしてみました。当日は次女が困らないように、リビングのテーブルの上に延長保育代の1000円を入れたお財布と、家を出る時間と延長保育が終わる時間、お金を払ってサインをすることをメモに書いて置いておきました。念のため同居する義母にもこの日の私と子供達の予定を伝えておきました。

次女に頼んだものの保護者会の最中はソワソワしましたが、無事に終わり長女を連れて帰ると、玄関には既に次女と三女の靴がありました。次女は少し疲れた顔をしながら「大丈夫だったよ。」と言い、三女は「風が怖かったから泣いたんだけど、M子ちゃんの言うこと聞いて帰ってきた。」と言いました。

「M子ちゃん、ありがとう!!ママとっても助かったよ~!Mナちゃんも協力ありがとう!」と二人をたくさん褒めました。翌日も今度は高学年の保護者会があり、次女がまた三女の延長保育の迎えに行ってくれると言ってくれました。しかし三女が小さな声でこっそり「ママのお迎えが良い」と言うので、この日は通常の時間に迎えに行って、保護者会へ連れて行きました。

頑張って期待に応えてくれる次女のことは本当に頼りにしています。しかし次女にばかり頼るのは良くないなぁとも思っています。長女にも出来ることは長女にも、三女にも出来ることは三女にも、頼みごとを一人だけの負担にならないように気をつけようと思っています。

というのも、私も何か役に立てると嬉しくて、頼まれごとをされるとついつい引き受けてしまい、するとどんどん頼まれごとが増えていく・・・という現象が起こりがちです。今週だけでも頼まれごとが二件ありました。

一つは数か月前から携わっていることがあり、私はそのお手伝いをしていたのですが、あと少しで完了するお仕事のまとめを突然お願いされました。チームで動いていたのでみんなに事情を説明して相談すれば良いようなものを、なぜか私にだけ一方的にその方が難しくなった理由を伝えられお願いされました。完了させなければならない期限が迫っていて、断るにも断れないというか、断ると大事に思っているグループの皆さんが困ってしまうという状況です。

出来ないならもっと早い時期に頼んでくださ~い!!!!!こっちだってスケジュールいっぱいなのに!プンプンッ!と思いながら、急遽信頼している人達にも手伝ってもらい、グループの皆さんのために何とかやってみました。過ぎたことは仕方ないですが、私を頼ってきた方には、人に迷惑をかけたという自覚と、頼むなら頼むでもっと早くするべきだったと反省してもらいたいです。

そしてもう一件の頼まれごとは小学校の校長先生からでした。毎月夕方5時から小学校と地域の皆さんの代表が集まって会議をされるんだそうで、そこに未就学の子がいる保護者として参加する役を引き受けてくれないかというものでした。聞くとその会議があるのは三姉妹の習い事が続く魔の水曜日と重なっていました。日頃お世話になっているのでお役に立ちたい気持ちはありますが、それはとても無理そうなお話だったので、丁重にお断りさせてもらいました。

子ども達、特に長女に言い聞かせたことがあります。「何か仕事を引き受ける時は、出来ることなのか、出来ないことなのか、自分でしっかり考えてからにしようね。出来ないのに引き受けてしまったら周りの人にかえって迷惑をかけることになるんだからね。チームにはリーダーもいれば、コツコツ手伝ってくれる人、盛り上げてくれる人、それぞれに出来る役割があるからね。小さなことでも自分に出来ることで役に立とうね!」と。それともう一つ大切なことは、みんなのために頑張る前に、まずは自分のことを頑張るのが先決かな!?母としては、家族みんなそれぞれが自分のことを自分でやってくれたら、それだけでと~っても助かります♪とはいえ家族みんなや周囲の人達に頼り頼られ私も生きています。みんなに感謝しなければいけませんね。今日も読んでいただきありがとうござました。

関連記事

  • 2017年11月24日 小学生だけど鼻吸引 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日は長女(小5)が体調を崩して小学校をお休みしました。朝起きて「おはよう」の第一声から震えるような声でおかしかったので熱を計ると37度2分でした。一般的に子どもの場合は37度5分から熱だそうですが、長女は元々平熱が36度2~3分で低いので […]
  • 2017年8月22日 マイペースで一等賞 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。夏休みに愛媛の実家へ帰省しています。 長女(小5)は両大血管右室起始症(DORV)という心臓病と、先天性嚢胞状腺腫様肺奇形(CCAM)という肺疾患を併せ持って生まれてきました。血中の酸素飽和度が健康な人がほぼ100%のところ、80%し […]
  • 2017年6月28日 個人ドメインでブログスタート 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。ブログを始めるのは3度目になります。 一度目は10年前のこと、長女がまだ1歳で体調も今ほど良くなかった時代に学研のクラッセというSNSを利用していました。その頃の私は全く育児書通りにいかない病児の子育てに悩み、娘の体調のことも不安で、 […]
  • 2018年5月20日 最悪な入院(長女の作文より) このブログを訪問くださりありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。先日、長女(小6)が国語教室で入院した時のことを作文に書いてきました。   “最悪な入院 ゴールデンウィーク中、○○大学病院で私はぜんそくで入院した。 たいくつ […]
  • 2018年7月6日 体も心も上向きに。クラスのみんなへお手紙。 いつも応援をありがとうございます!手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。長女(小6)が肺炎で入院しています。前のブログで書きました通り、3日目まではなかなか良くならないと、絶望的な雰囲気が長女の周りに漂っていました。同部屋の患者さんがいないので、一人ぼっちで沈んでいました。それ […]
  • 2017年7月8日 新生児の手術:生まれた日に肺の腫瘍を切除 手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。今日は長女が生まれた日のことを振り返ってみます。 長女は予定帝王切開で2016年4月18日に生まれました。保育器に入って運ばれていくのを見送った後、私は産婦人科の医師達がお腹を縫ってくれる間、目をつぶって眠りました。その後、麻酔の影響 […]
  • 2019年7月19日 呑気症(どんきしょう);塵も積もれば小3のストレス いつも応援をありがとうございます。手芸が趣味の三姉妹の母Imoanです。子ども達はあっという間に明日から夏休みです。長女(中1)は「え?もう夏休みになっちゃうの?つまんな~い。」と言って一学期が終わるのが名残惜しいようですが、次女(小3)と三女(小1)は「明日から夏休み!!やっ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください